読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共通点。

 

 

 



ドイツで活躍する、

ある プロサッカー選手と お話しする機会があった。

 


叶った “ 夢 ”、


まだまだ これから叶えたい “ 夢 ” について、

そして、

 

激動だった これまでの道のりや、
夢に対しての モチベーションについて

ほんとうにたくさん、お話しできた 😌😌

 

  

 

お互い、一時は

 

敷かれたレールの上を、そのまま ただただ歩いていく、

そんな人生を送っていた。

 

 

彼は、

小学生から始めたサッカー⚽️を続け、

高校、大学と、“ 推薦 ” によって 進路を決めてきた。

 

 

わたしも、

やりたいこと、夢があったわけではなかったから

より頭のいい高校、大学と、受験をして 進路を決めてきた。

 

 


自分で考えることをせず
流れのままに、身を委ねるような、

長いものに巻かれすぎるような、

そんな、
既に レールの上に並べられている 選択肢しか、
これまで 見てこなかった。

 

 

 


そして、今から3年前。

 


当時19歳で、高校を卒業し

それぞれ大学に進学した、彼とわたしは

あることに気づく。

 

 

「 決められたレールの上を、

決められたスピードで走っている機関車🚂 」

 

に乗ってしまっていると。

 

 

自分の “ やりたいこと ” って なに?

 

自分の “ 好きなこと ” って なに?

 

自分にとって “ 大事にしたいもの ” って なに?

 

もっと言うと、

 

自分の “ 夢 ” って なに?

 

 

 

 

プロのサッカー選手⚽️を目指していた彼は、

 

サッカー推薦で 大学へ行き、

再び、高校生活と ほとんど変わらない4年間を過ごすことに

疑問を抱いていた。

 

このまま

敷かれたレールの上を走り続けて、

 

果たして、プロの選手になれるのだろうかと。

 

 大学サッカーをやり遂げだところで、

待っているのは 就職活動。

 

そんな風に感じていた。

 

 

そして わたしは、

 

より頭のいい大学へ進学することこそが、

将来 幸せに過ごせるカギになると言われ続け

 

一応は 大学受験 戦争を戦い抜いたが、

 

行きたい大学もないし、

学びたいこともなかった わたしが、

 

100%の戦意を、全ての受験が終わるまで

維持し続けるのは困難だった。

 

そんなこんなで

大学受験に敗れ、合格通知をもらった 大学に なんとなくで進学。

 

まわりは 遊んでばかりで 学校にも来ない、

 

遊んで 呑んで、

また 遊んで 呑んで。

 

わたしたちの親が 必死に働いて注ぎ込んだ学費を

4年間遊ぶことに使うなんて。

 

 そうして、 3年生になったら

やれスーツだ、就活だ、と騒ぎ出す。

 

そして 就職氷河期だからと、

 

そのまま 内定をもらえた企業に

ブツブツ文句を言いながら 就職する。

 

なんて、バカバカしいのだろう。

 

不平不満しか口にすることなく

毎日 早く時間が過ぎないかと、 時計を見て過ごす。

 

毎日、コンクリートの地面と睨めっこをしながら 通勤し、

ため息をつき、イライラしながら 満員電車に乗り込む。

 

そんな、

お先真っ暗なのが 丸見えすぎる 自分の人生を、

 

分かっていながらも、それに突き進むしかない事実に対して、

わたしも疑問を抱いていた。

 

 

 

 

 

 

彼も わたしも、

 

たまたま時期が 同じだったのだが

大学進学 と同時に、


「 決められた レールの上を走る 機関車 」から、
自ら 外へ “ 飛び降りる ” ことを決意した。

 

 


飛び降りるということは、


自らの頭で考え、自らの力で
“ 道 ” を切り開かなければ ならない ということ、

誰も助けてはくれない ということ。

 

 

もちろん 全て理解した上で

持ち合わせていると信じている、

 

“ 自らの可能性 ” 

 

に賭けたのだった。

 

 


まわりが 楽しそうに笑っていた時に
わたしたちは、たくさん苦しんできた。

 

まわりが 新品のキレイな洋服に 身を包んでいた時に
汗だくになりながらも、泥くさく這いつくばってきた。


まわりが ベッドに入って、夢を見ている時に
涙を流しながらも、現実としっかり向き合ってきた。

 


そして 今、

まわりが 仕事や人間関係の不満ばかりを口にしている時に


わたしたちは、

ギラギラと『 次の夢 』を語っている。



来る日も来る日も、


けもの道 を踏み固め、

自らの足で、“ 道 ” としてきた。

 


「 レールの上を走る機関車 」に乗っていても、

確かに “ 成長 ” は、ある。

 


だけど
「 レールの上の 安全圏にいること 」は、

“ 急激な成長 ” を生み出すことをしない。

 


なぜなら、 “ 急激な成長 ” は

「 安全圏の 外 」にしか存在しないのだから。

 

 

 

こうして

あの決断から3年経った今。

 

 

彼は

海外のプロサッカー契約を目指すべく、

 

トレーニングから メンタル面まで、全てにおいて見直し、

トライアウトのため ドイツ🇩🇪へ向かった。

 

そして、夢だった プロのサッカー選手としての契約を ドイツ🇩🇪で果たしたのだ。

 

 

わたしは

小学生の頃、大好きだった 馬🐴と再会し、

自分が夢中になれる 馬術 と出会った。

 

乗馬クラブのお客さん、アマチュア としてではなく、

もちろん プロとして 競技に出続けたい、

勝ち負けの世界に、自らを置いておきたい。

 

そう思い、

 

馬歴10年以上の 他の受験生たちに混じり

肩身の狭い中、馬歴1年半のヒヨッコとして 試験を受けた。

 

そして、今は 実家から少し離れたところで

自分の馬🐴と生活をともにし、

 

全日本での入賞を 目の前の目標としている。

 

 

 

たぶん、

それぞれが 3年前のあの時に

 

決断することを恐れ、

変化することに 恐怖を抱いて

 

「 レールの上の安全圏 」に留まっていたとしたら。

 

 

大学4年生で 卒業を控えただけとなった

彼とわたしは、

 

きっと

4月から始まる、新社会人としての

「 限られた道 」に 絶望や不安でいっぱいになっていたことだろう。

 

 

あの時の、あの決断があったからこそ、

 

今、わたしたちは

 

“ 次なる夢 ” に向かって、前進するのみ の環境に、自らの身を置いている。

 

 

「 毎日が充実している 」と言える現状が

すごく、すごく嬉しい。

 

そして なにより、

夢を諦め 腐っていくことなく

毎日 “ 前進 ” できていることが 嬉しい。

 

 

いつまでも 夢と希望に 満ち溢れ、

キラキラと輝く、そんな姿でありたい。

 

 

😊😊

 

 

f:id:emmiii8:20170124212658j:image 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前。

 

 

 

 


名前。

 

 

それは、


わたしたち人間が

『 それぞれの存在を、

“ 個別 ” に把握するべきである 』

と認識したときに、

与え、与えられるもの。


つまり、


『 他とは 全く違うものとして、

“ 区別 ” する 』

 

ことを言う。

 


そして それは、

 

ほとんどの場合が、
【 お父さんお母さんからの
最初で最後の、“ 最大 ” のプレゼント🎁 】である。


赤ちゃんが
まだお母さんのお腹にいた時は、

2つの命で、1つの名前を使っていて。

 

その時はまだ、

お母さんの名前を 名乗っていた。

 


生まれてはじめて、


お母さんとは切り離された存在 として、

1人の人間だと認められる。


そして、その瞬間

【 名前 】という 素敵なプレゼント🎁を受け取ることになる。


お父さんとお母さんが、

 

たくさん、ほんとうに たっくさん考えて、


与えてくれた【 名前 】。

 


もしかしたら、

お母さんのお腹の中にいるときから
考えてくれていたのかもしれない。

 

 

自分の赤ちゃんには、

この漢字を使ってあげたい。

 

こんな子になって欲しい、

こんな風に輝いて欲しい、

 


そんな、

たくさんの夢と希望の詰まった


わたしたちの【 名前 】。

 


楽しくて、とにかく笑顔のときも、


壁にぶち当たって

もがき苦しんでいるときも、

 

常に わたしたちのとなりに、

そっと寄り添ってくれる。


そして いつの日か、


お父さん お母さんと

お別れしなければいけなくなった その時も、


わたしたちの肩に、

そっと手をかけてくれているはず。

 


そして


大切な人を失おうとも、

残酷にも ただただ続いていく

 

わたしたちの歩む人生において、

 

共につまずき、共に行き詰まり、

そして 共に進むことになる。

 

 


名前って、

なんて素敵な贈り物なんだろう。

 


わたしは、ほんっとうに 自分の名前が大好き 😊😊

 


これから先、

まだまだ長いであろう人生。


名前負けだけは、絶対にしないように


そして、お父さんお母さんを大事に生きていく(*^^*)

 

 


pinterest📌
⇒ Victoria #ヴィクトリア
http://pinterest.com/Victoria_v8/

 

 

 f:id:emmiii8:20170122234010j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢が 現実になるとき。

 

 

 



15年前。

 

わたしが 小学2年生だったとき。

 


北海道で 家族3人で外乗🐎をして、

生まれて初めて 1人で馬に乗った。

 

 


その頃から、

「 おうちで、自分の馬🐴を飼いたい! 」と、

おっきな、とてつもなく おっきな夢を見ていた。

 



馬具屋さんのカタログを見ながら、

「 こんな お洋服着せよう、

ゼッケンはこの色が似合うかな 」

 

と、あんな風に こんな風にと

マーカーで チェックをし、付箋まで貼っていたほどだった。

 

一生懸命に電卓をたたき、

 

当時の 月に500円のおこづかいで

どうしたら 欲しい道具類が買えるのか、

 

揃えるまで どれくらいかかるのか、

必死に計算していた。

 

 

 

そして。


近所の公園の 横にある、

永遠とまっすぐ続く 川沿いを

愛馬🐴と一緒に お散歩するのが 夢だった。

 

 

夕日がとてもキレイに見えるその川沿いは、

 

近所の人が使うウォーキングコースとして

ある程度 整備されている。

 

 

その ウォーキングコースから 寄り道をして

隅っこに生えている クローバー🍀を食べさせたり、

 

夕日に向かって、川沿いを一緒に走ったり。

 

 

当時7歳だったわたしは、

「 叶えられない夢 」と知りながらも

 

ウキウキしたり、ワクワクしたり

していたものだ。

 

 

 


あれから、

約13年の月日が流れた 今。

 


「 叶えられない夢 」と知りながらも、

幼いながらも 憧れていた

 

 “ 自分の馬 ” を迎えて、

 

今日で 【 808日 】になる。

 

 

 

 

 

“ 自分の馬 ” を持つことになったのも、

 

単なる偶然ではなくて、

ほんとうに 巡り合わせ。

 

 

 なぜなら、

 

わたしのおうちは、

“ 決して ” お金持ちではないから。

 

 

父親が、経営者でもなければ

会社の お偉いさんクラスでもない。

 

父親は サラリーマンで

母親は 専業主婦の、

ごくごく普通の 3人家族。

 

 

何が言いたいのかと言うと、

 

「 親が買い与えてくれた 馬 」

“ ではない ” ということ。

 

「 偶然 」、

舞い込んできたもの ではないということ。

 

 

わたしが 馬の道に進むことを決め、

その中で 夢を掴むために

 

19歳のわたしが、今まで一度たりとも

下げたことのなかった 頭を下げ、

 

一生懸命、身振り手振りで 説得をし、

 

いただいたお金と

自分の貯金を 片っぱしから かき集めて

 

「 自分で 手に入れた 馬 」だということ。

 

偶然ではなく、

「 必然 」だということ。

 

 

 

こうやって、


あんなにも小さくて、
何にも出来なかった 1人の少女👧🏻が

 

今こうして、
夢を1つずつ叶えている。

 

 

もちろんその背景には、


どれだけの人の 理解 があり、気遣い があり、協力があったことか。

 

 

改めて思い返しても、

心にグッとくるものがある。

 

 

 

生まれて22年。

 


ほんとうに たくさんの挫折があったけど、

 

どんなに努力しても

花 開かないときもあったけど、

 

何一つとして、

無駄だったことはなかったと思っているし

 


これから先の人生も、


わたしは、

ひとつひとつのことに 真剣に向き合っていく。

 

 

それは、


10年先の自分が、

毎日 コンクリートの地面と 睨めっこしながら

ため息をつきながら 生活をしないですむようにでもある。

 

 

pinterest📌
⇒ Victoria #ヴィクトリア
http://pinterest.com/Victoria_v8/

 

f:id:emmiii8:20170116233039j:image

 

 

 

 

 

 

 

想い。

 



【 人生は、言葉で伝えない想いの方が、

はるかに多い 】


だからこそ、


相手の立場になって考えたときの
“ 気づき ” が大切であり、

それが、“ 気づかい ” となって
相手の心へと届くと思ってる。

 


その届け方は、もちろん 人それぞれで、


モノに 想いを託すのも すてきだし、


絶景から あえて連想させるのも魅力的。


伝え方って、
きっと何千通り、何万通り、

人の数だけ 存在するんだと思う。


まずは
伝えたい想いを、どんな形でもいい、

最大限に 表現すること。

 


そして、
持てる限りの センサーなる物を使って、

それに気づき、必ず 心 で受け止めること。

 


そんな、

言葉のいらない空間だったり、

心と心が通じ合う あったかい やりとりが


もっともっと増えたらいいな 😌😌♡

 


明日も1日happyに 😆🌼

 

 

 pinterest📌 → Victoria #ヴィクトリアhttp://pinterest.com/Victoria_v8/

 

f:id:emmiii8:20170112235547j:image

2016年 ⇒ 2017年。

 

 

 

 

 

 

新たな年になって

それをひとつの節目と考え、

 

人は 自分の中の邪悪なものを取り去り、

 新しいことを取り入れようとする。

 

 

 

 

ちょっと遡って、2016年のはじまり。

 

去年の出だしに 心の中にあった想いは、

 

「 もがき苦しみながらも

何事にも立ち向かっていかなければいけない 」

 

そんな、心のざわめき。

 

 

小石につまずいても 前を向き、

膝をついて転んでも 立ち上がり、

 

そして、

泥のぬかるみに足を取られ

顔から滑ったとしても、

 

決して 歩みを止めない。

 

 

失敗してもへこたれず、

途中でやめない。最後までやり通す。

 

そんな、どこか

どっしりと構えるような気持ちで迎えた

1年前。

 

 

 

ほんとうに、ほんっとうに、

いろんな事があった。

 

 

メンタルを 予後不良と思われるほど

ボロボロにされたことだってあったし、

 

言葉によって 深い傷を負ったこともあった。

 

 

ここまで

「 人を信用することが、実はとても怖いこと 」

だと感じたことも、今まで1度もなかった。

 

 

 

ただ、今思えば、

 

去年の1年間があったからこそ

『 人間として成長した 』のは、

言わずともわかる話。

 

 

今まで、

ある程度は「 自立している 」と思っていた自分の考えをも、

いい意味で 覆すことができた。

 

 

戦車のごとく、

“ 何もかもを、なぎ倒していくような勢いの

イメージ ” で過ごした 去年だったが、

 

2016年を 残り3ヶ月としたところで、

気づいたことがある。

 

 

“ 戦車でいること ” のメリット。

 

⇒ 何に対しても、立ち向かっていく。

失敗を恐れない。闘争心、勢いがある。 

 

 

デメリット。

 

なぎ倒してまでも、突き進む

= 自分のことしか考えていない???

 

 

こう、気づいてしまったのだ。

 

そして、メリット部分しか見ずに

突き進んだ結果、

 

目の前に表れた デメリット部分に

行く手をはばまれ、

尚かつ、 自分が 大きな痛手を負うことになった。

 

 

だから 2017年は、

 

『 やると思ったら、なんでもやる!

今すぐやる! 』

 

なんてイメージは捨てて、

 

 

『 それを “ 今 ” やるべきなのか、

それとも 手を出すのは “ 今 ” ではないのか 』

 

に着目したいと思う。

 

 

決して、

失敗を恐れて 立ち向かわないわけではない。

 

 

けど、筋肉マッチョな巨人に、

 

武器なし、且つ 素手で

わたしが戦いを挑んだところで、

結果は容易に想像できる ということだ。

 

 

「 やるのか やらないのか 」

という判断基準しかなかった、2016年。

 

 

 

2017年は、

「 やる 」という判断を下したときに

 

「 今やるべきなのか 今ではないのか 」

 

まで考えてから、行動に移すことにする。

 

 

2016年の

戦車のごとく、何にでも 体当たりしていった

自分がいたからこそ、

 

掴めたイメージだと思っているから、

決して無駄な1年ではなかった。

 

 

2016年 ありがとう!と言いながらも

 

2017年は もっと変わっていくよ!と、

 

後ろは振り返らずに、前だけを見ていたい。

 

 

 

pinterest📌 ⇒ http://pinterest.com/Victoria_v8/

 

f:id:emmiii8:20170109083217j:image

嬉しい報告 (^o^)

 

 

普段から

このblog📝や instagram📷を 主に使って、

 

自分の頭で考えたこと、心で感じたこと、

 

そのイメージを 言葉で表現し

発信することを続けていますが、

 

 

この度、

あるページで、 【 乗馬ファッション 】に関する記事を

長期間にわたって、ちょいちょい書かせていただくことになりました ☺️☺️

 

 

わたしの言葉たちを 見てくださっている人がいて、

さらに 評価してくださっている人もいて。

 

そしてそして、

こうやってチャンスを与えてくださる人がいて。

 

 

言葉として表現をし、発信している側からしたら

なんて嬉しいことでしょう!😊

 

 

ほんとうは

このblog📝も、

今回書かせていただくことになった記事📄も、

わたしのinstagram📷も、

 

全ての場所で 『 わたし 』の名前を出して、

 

リンクできるのが

1番の理想でもあり、今の目標です 😌

 

 

 

でも 残念ながら、

 

ある会社に属し

わたしが発する言葉それ自体が、

“ 指導者としての仕事 ” の1つになっていて、

 

当然だけど、

 

自分が発する言葉1つ1つに

しっかり責任を持たなくてはいけないのが 現状なため、

 

『 わたし 』の名前を出して 記事を書くことに対しての 承諾を得ることは、

 

“ 今の段階では ” 

 

できませんでした。

 

 

でも、

普段から instagram📷にて お世話になっている

“ 馬好き🐴な方たち ” にとって、

 

 

いろんなイメージの湧くきっかけになると思うし、

 

きっとhappy🌼になれる情報が

たくさん詰まったページが 出来上がると思うので、

 

わたしの書いた記事✏️だけですが、

 

下書きの段階のものを

わたしのblog風に ちょっと書き加えて、

 

ここ📝にも載せていこうと思います 💪🏻💭

 

 

😘 😘 ♡

 

LONGINES.

 

 

 

 わたしの、もうひとつの

 

大っきな、

 “ とてつもなく ” 大っきな、『 夢 』。

 

 

 

 

 

『 翼の砂時計 』⌛️🕊を

ブランドのロゴとして有する、

 

【 LONGINES  - ロンジン - 】

 

 

 

 

そのロンジンが、

 

“ エレガントなライフスタイル ” を

確立している人々を表彰している、

 

ロンジン エレガンス アワード 』⌚️🔱

 

を、受賞すること。

 

 

 

ロンジン エレガンス アンバサダーから、

時計をもらうのが、

 

わたしの、大っきな『 夢 』。

 

 

 

f:id:emmiii8:20170101003116j:image

 

 

 

 

1832年の創業以来、

 

スイスの サンティミエに拠点を構える

スイスの名門時計ブランド、

 

【 LONGINES 】⌚️🇨🇭

 

 

 

180年以上の歴史を誇り、

 

「 伝統 」と「 エレガンス 」、

そして 技術面での「 性能 」を最大限に活かし、

 

優れた時計を 世に送り出している。

 

 

 

f:id:emmiii8:20170101003344j:image

 

 

 

わたしが 【 ロンジン 】に関心を持ったのは、

 

ロンジン が発表した スローガン を

目にしたのがきっかけ。

 

 

 

そのスローガンとは、

 

【 Elegance is an attitude 】👠🌹

 

 

 

 これを見たとき、ビビッときた。💥🔌

 

 

 

ロンジン が提唱している

“ エレガンス ” は、

 

「 シンプル 」で 「 洗練された世界観 」という面もさることながら、

 

内面から表れる “ エレガンス ” にも

焦点を当てていて、

 

 

 

そして

 

『  不変的な “ エレガンス ” とは、

 

「 クラシックさ 」と「 洗礼さ 」の

絶妙な組み合わせの中に 表現される、

 

“ 美 ” である。 』

 

という、理念をも 揚げている。

 

 

f:id:emmiii8:20170101012840j:image

 

f:id:emmiii8:20170101013901j:image

 

 

 

 

あまり大きな声で

言ったことはないが

 

 

わたしが 最終的に目指しているところ とは、

 

 

 

 馬術スポーツのために

精力的に貢献している “ 競技者 ” であり、

 

 

あまり日本では普及していない「 乗馬 」を広め、

 

且つ、馬とライダーとが

よりスムーズに コミュニケーションを取れるようにと サポートする、

“ 通訳者 としての 指導者 ” であること。

 

 

そして、

 

公私ともに

類まれな “ エレガンス ” を備えている

“ 女性 ” であるとともに、

 

 

自分の発言、活動 などに対して

常に “ 影響力のある人物 ” でもありたい。

 

 

 

わたしが、世の中に対して

何かを売り出すとしたら。

 

 

そこで 商品 としたいのは

 

“ 競技者 ” としての自分だけ ではなく、

 

“ わたし ” そのもの。

 

 

 

公私ともに 充実し、

 

常に発信し続けている

“ 人物 ” としてのわたし を、商品としたい。

 

 

 

f:id:emmiii8:20170101091754j:image

 

 

仕事での わたしが

プライベートでの わたし を充実させ、

 

プライベートでの わたしが

仕事での わたし をも充実させる。

 

 

そんな、相乗効果なるものを

自分の中で 生み出すのが 目標。

 

 

もちろん、その中には

昨日まで2日間 記事にしてきた、

 

気遣いからなる “ 洗練さ ” も含む。

 

 

😊😊  

 

f:id:emmiii8:20170101091735j:image

 

f:id:emmiii8:20170101094823j:image