読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しい道、誤っている道。

「 もし、あの頃のわたしに戻れたら。 こんな道は 絶対に選ばない。」 なんだか最近、よくこのお話を聞きますすごく、ものすごく、その気持ちわかる。わたしもそう思ったこと、何度もあるから。生きてる上で、自分の進む道を『 自分で決断 』する瞬間て、度…

広く、深く、そして濃く。

新しいことを 始めることもすっごく大事なことだけど、今すでに持っているものに磨きをかけることも、すっごく大事なんだと思う。広く、深く、そして 濃く。 その中でも、 何を目的としているのかを“ 必ず ” 自分の中で 明確にしておくこと。 😊😊 2016.12.04 の…

自分の夢に集中すること。

腕の中から溢れるほど、 たくさんある道具たち。 その道具の ” 使い方 ” はもちろん、 そもそも ” どんなタイミングで使うのか ” すら、わたしは知らない。一生懸命、その道具たちを 使いこなすことに時間と労力を使って、 でも、上手く使えなくて 頭を抱え…

自分ルール。

「 こうしなきゃ 」「 こうあるべき 」 無意識のうちに こんな言葉を使って、あらゆる物事を 決め付けていることが多い気がする。『 自分ルール 』は、強調していくと『 自分ブランド 』を確立していく事にも繋がると思っているから、 全面否定は もちろんし…

変化。

いつもの流れを 断ち切りたいとき。 自分の中に持ち合わせている 悪いイメージを 払拭させたいとき。 わたしは 日常生活において、 大きかれ 小さかれ、 どこかしらに 『 変化 』をつけることにしている。 小さな変化は、 成長する “ きっかけ ” となるし、 …

花束。

草花を 幾本も束ねたもの、 それが 花束。 それぞれのお花が、 一体感を崩さない ギリギリのラインで 個々に主張し合っているのが わたしから見た 最大の魅力。 きっと、 1本1本それぞれを単体で見ても 「 あ、キレイなお花... 」程度にしか、わたしたちって…

未来予測、そして、いま。

わたしたち人間は、“ 未来を予測することは不可能だ ” と 気づいていただろうか。 今から10年前、世の中に スマートフォンが普及し、SNSが こんなにも発達して、“ 歩きスマホ ” なんて言葉をあちこちで耳にするようになることを、果たして10年前のあのとき、…

共通点。

ドイツで活躍する、 ある プロサッカー選手と お話しする機会があった。 叶った “ 夢 ”、 まだまだ これから叶えたい “ 夢 ” について、そして、 激動だった これまでの道のりや、夢に対しての モチベーションについてほんとうにたくさん、お話しできた お…

名前。

名前。 それは、 わたしたち人間が『 それぞれの存在を、 “ 個別 ” に把握するべきである 』と認識したときに、 与え、与えられるもの。 つまり、 『 他とは 全く違うものとして、 “ 区別 ” する 』 ことを言う。 そして それは、 ほとんどの場合が、【 お父…

夢が 現実になるとき。

15年前。 わたしが 小学2年生だったとき。 北海道で 家族3人で外乗をして、 生まれて初めて 1人で馬に乗った。 その頃から、「 おうちで、自分の馬を飼いたい! 」と、おっきな、とてつもなく おっきな夢を見ていた。 馬具屋さんのカタログを見ながら、「 こ…

想い。

【 人生は、言葉で伝えない想いの方が、 はるかに多い 】 だからこそ、 相手の立場になって考えたときの“ 気づき ” が大切であり、それが、“ 気づかい ” となって相手の心へと届くと思ってる。 その届け方は、もちろん 人それぞれで、 モノに 想いを託すのも…

2016年 ⇒ 2017年。

新たな年になって それをひとつの節目と考え、 人は 自分の中の邪悪なものを取り去り、 新しいことを取り入れようとする。 ちょっと遡って、2016年のはじまり。 去年の出だしに 心の中にあった想いは、 「 もがき苦しみながらも 何事にも立ち向かっていかな…

嬉しい報告 (^o^)

普段から このblogや instagramを 主に使って、 自分の頭で考えたこと、心で感じたこと、 そのイメージを 言葉で表現し 発信することを続けていますが、 この度、 あるページで、 【 乗馬ファッション 】に関する記事を 長期間にわたって、ちょいちょい書か…

LONGINES.

わたしの、もうひとつの 大っきな、 “ とてつもなく ” 大っきな、『 夢 』。 『 翼の砂時計 』⌛️を ブランドのロゴとして有する、 【 LONGINES - ロンジン - 】 そのロンジンが、 “ エレガントなライフスタイル ” を 確立している人々を表彰している、 『 ロ…

小物への気づかい。

【 その人の服装や 持ち物は、口ほどにモノを言う 】 こんなことを感じた経験、 誰しも1度はあるはず。 服装はもちろん、 身につけているアクセサリー、 持ち物であるカバンや その中身。 これら「 その人に属するモノ 」は、 意外と、その人について 数多く…

人への気づかい。

『 人 』としての お話。 成田空港 を利用することの多い、わたし。 成田空港行きの電車の中でも、 もちろん空港内でも 当たり前なんだけど、 まわりを見渡せば、9割方が 外国の人。 右に座っているのも、外国の人。 左に立っているのも、外国の人。 目線を…

RedBull.

わたしの、 『 大っきな夢 』のひとつ。 【 RedBull japan 】から、 MerryChristmas and a Happy New Year !!! のプレゼントをもらうこと。 RedBullをしっかり飲んで 挑んだ競技は、 今のところ、全て思い通りの結果になってる。 すっかり、わたしの『 お守…

香り。

小学生のときのお話。 通学路の途中に 公園があった。 そう、たしか滑り台の奥のほう、 他の木々と一緒になって、 “ キンモクセイ ” の樹木が 生えていた。 下校のとき、 公園を横切ると、キンモクセイ のいい香りが どこからかしてきて その香りを元に、キ…

心情の変化に伴う、影響。

気づいている人は、気づいているかなぁ。 わたしのinstagram の自己紹介文、 ガラッと変えたの。(笑) プロフィール写真も、わざと2年前のものに変えて。 新たな変化を求めてはいるけれど、 あくまで、 2年前のあの時、 大きな決断をして、今の生活スタイルを…

月2万円 生活 ② ビンボー = 可哀想!?

①の記事で 少しだけ わたしの今の生活状況を書いてみたが、 風が冷たくなってきて、 足の裏で「 冬 」を感じるようになってきた最近。 先週だけで、何回聞かれたことか! 「 まだ あそこに泊まってるの!?」 「 あそこの部屋、大丈夫? エアコン入ってるの…

月2万円 生活 ①

2016.11.22 一昨日放送だった、 『 ボンビーガール 』というテレビ番組。 その中で、取り上げられていたのが 「 女優という夢 」を追う女の子!‍♀️ 池袋にある家賃2万円の お部屋 バイト先のまかないで ごはん バイト先のシャワールームで お風呂 バイトで …

素直に生きること ② 究極の選択

①の記事では、 22歳のわたしの、そのままの「 勢い 」みたいなものを言葉として表現しました。 ②では、ちょっと違う視点から 書いてみようと思います 『 自分に 素直に生きる 』 これは、実を言うと かなり難しいことだと 思っている。 あれ、昨日と丸っ切り…

素直に生きること ①

『 自分に素直に 』 このフレーズを聞いて、頭に思い浮かべることは、人それぞれ違うと思う。 わたしは、 『 素直に生きる 』 って、 頭をフル回転させて、 メリット デメリットを 並び立て、 自分にとって 「 損か 得か 」を考えたり、 自分に 「 出来るか …

影響力

『 どう思われてるか 』から、 『 どう伝えたいか 』へ 。 2週間前から、あるアーティストの曲を よく聴くようになった。 今まで聴くことのなかった、 むしろ敬遠し続けてきたジャンルの 曲。 ちゃんと向き合ったことがなかっただけで、まさに、今のわたしの…

on your mark

今日は満月。 68年ぶりに、最も接近する大きな満月だそうで、 スーパームーン と騒がれてるくらいだから、 知ってる人は知ってるはず。 さて。 2週間前までのわたしのことを、少し振り返ろうと思うけど、 まあ、あの時は、かなり心の中が荒れていた。 それは…

『 夢 』

自信がないとき、モチベーションが保てないとき、 なんだか 理由もなく下を向きたくなったとき、 わたしは 『 本田圭佑選手⚽️ 』の、 インタビュー動画を見る。 あの人を見ていると、 自分の頭の中をパンクさせている悩みごとが、ものすごく ちっぽけに感じ…

生き方がわからなくなったとき。

1994年生まれ、今年で22歳。 ふと、生き方が分からなくなるときがある。 自分が目指しているもの、 将来どうなりたいのか、 鮮明だったはずのイメージが、雲に隠れることがある。 あんなに、 夢があって目標があることに ワクワクしていたはずなのに 冷静に…

胃に穴が開きそうなほどの、ダメージ。

5日前。 大きな大きな、『 ピンチ 』が わたしの元にやってきた。 メンタルも なかなかのダメージを受け、 久しぶりに弱音を吐いた。 【 自分で考えて、行動して、結果を創り出していくと、『 周りがサポートしてくれる 』】 いま、この有り難みを ただただ…

『 非日常 』が もたらしてくれる変化

【 出張帰りに、1人で ドバイに行ってみたの。 行ったことなかったから。^ ^ 】すごくお世話になっている お客様の1人に、このような方がいる。 お仕事で海外に行っていたそうで、ドバイ経由で 成田に帰ってくる予定だったという。 ... いやいや。ちょっと待…

1日の終わりに、『疲れた』と言うか『充実していた』と言うか。

今日も、キレイな夕日とともに 1日が終わりました (*^^*)☁️ 1日の終わりに、『 疲れた 』と思うか、『 充実していた 』と思うか。 その日1日を、どう過ごしたかの 簡単な セルフチェックができます 【 ただ言われたことを、聞いて そのままやる 】1日よりも…

成功する人は、失敗する人。

前に書いた記事から、 だいぶ日が空いてしまった... それでも、 たくさん 頭の中で考えて、たくさん書き出して、自問自答の毎日でした。 blogに書きたいことが、たくさん溜まってしまったので、 過去の振り返り記事を 少し置いておいて、 今の頭の中を 整理…

レールの上の人生 ④ 【 トンネルの出口が見えたとき 】

ここまで、ただ淡々と 過去の自分を振り返ってきたが、 やっとここで、 『 今までの 下を向いて歩いてきた自分 』に別れを告げるときが来た。 2014年の、3月。 春を目の前にして、まだ寒さが厳しかった あの時。 すっかり学校に行かなくなったわたしは、 毎…

レールの上の人生 ③ 【 自分の今いる現実 】

レールの上の人生 ① の記事でも書いたが、 大学1年間を遊び倒し、いざ2年生になって 遊び飽きた時に、 夢中になれる事を見つけられず、すっかり空っぽになってしまったわたし。 そんなとき、大学の授業を受けるために教室に入ったのだが、 不思議な光景を目…

レールの上の人生 ② 【 生きているのが苦しい 】

日本の大学は、 『 入学するのが大変で、卒業するのは簡単 』と言われている。 逆に 海外の大学は、 『 入学するのは簡単で、卒業するのが大変 』と言われている。 どちらが良くて、 どちらが悪いなどの話ではなく、 なぜ日本の大学生たちは、 『 せっかく …

レールの上の人生 【 自由な生活 】

「 大学、つまんない。」 2年前の冬、 当時わたしは 大学2年生として 学校に通っていた。 大学は 渋谷にあったから、 比較的 『 遊ぶ環境 』は整っていたと思う。 苦しくて長い 大学受験を終えて、 その反動からか、 大学1年生の時は とにかく遊んだ。 今ま…

普通の生活

「 大学を卒業したら、 普通に仕事をして、定年退職まで務め、 その間に 家族を持って 家を建て。 いわゆる 『 普通の生活 』というものを、 送っていくことになったのかもしれないですが、 そんな未来は、皆さんの中の ごく一部の人しか歩まない... いや、…

わたし。

いま、最高にワクワクしている。 ドキドキしている。 半年くらい前の わたしを知っている人からは、かなりびっくりされているが、 わたしは今、自分でも驚くほど 『 毎日がHappy 』なのである。 半年くらい前のわたしは、 たくさん怒鳴って、たくさん泣き崩…