読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普通の生活

 

 

 

 

 

 

「 大学を卒業したら、

普通に仕事をして、定年退職まで務め、

その間に 家族を持って 家を建て。

 

いわゆる 『 普通の生活 』というものを、

送っていくことになったのかもしれないですが、

 

 そんな未来は、皆さんの中の ごく一部の人しか歩まない...

 

いや、歩めないと思います。」

 

 

 

これは、近畿大の卒業式で、

ホリエモンが 卒業生に贈った言葉だ。

 

 

 

では『 普通の生活 』とは何だろう。

 

 

小中学校までは、なにも考えないで好きな事を好きなだけし、

 

流れで高校受験をして、高校に入学。

 

 

そして3年間で、夢や やりたい事が見つかるわけでもなく、

進学か 就職かを決める。

 

 

わたしの高校では、全体の99%と言っていい程の ほぼ全員が、

大学か 短大、専門学校へと進んだ。

 

 

この、進学を決めた99%のうち、

 

何%の生徒が 目標や夢を持って、自らで考え その道に進んだのだろうか。

 

 

かく言うわたしも、

流れで大学受験をして、流れで大学に入学した人の 1人。

 

 

その当時のわたしには、

まるでやりたい事がなかった。(笑)

 

 

高校受験の時のように、

 

行きたい学校、進みたい学部、入りたい部活、

学校生活はこう送りたい! などの キラキラしたイメージは一切なく、

 

行きたい大学もなければ、専攻したいものもない。

 

何なら、大学に入ってから 4年間で

何をしたいかも分からない...

 

 

『 受験生だから 』と言う理由で、

ただ ダラダラと塾に通い、

 

偏差値のより高い大学に合格するためだけに、

勉強をしていた。

 

 

と言うより、

 

『 偏差値の高い大学に合格すること こそが、その後の人生を豊かにする 』

 

と教わっていた。(笑)

 

 

偏差値の高い大学に入れば、

ブランド大学だから 一流の企業に就職ができる。

 

一流の企業に入れば安泰。

 

人生は幸せそのもの。

 

 

という考えらしいが、

 

 

では、

 

大学に入ってから4年間で

『 そう甘くはない 』ことに気づいて、自ら動いた人が、

 

一体何人いただろうか。

 

 

いたとしても、一握り。

 

いや、一摘み 程度なはず。

 

 

「 これからは、権威が当たり前ではなく、

当てにならない時代になってくる。」

 

ホリエモンも言う。

 

 

流れで就職をした人。

権威、例えばマスメディアが言うこと。

 

あるいは 就職して上司の言うことに 従って生きてきた人。

 

 

そんなレールの上を走ってきた人達は、

必ず度肝を抜かれることだろう。

 

 

友達みんながやっているから わたしも...

 

上司の意見に従って わたしも...

 

 

日本人特有なところはあるかもしれないが、

 

この様な時代は、

とうに終わりに近づいていると言われている。

 

 

インターネットによる、グローバル化が進んだ

 これからの時代に 求められるのは、

 

 

自分で情報を集め、

自分の頭で考えて、

それを自分の言葉で発信すること。

 

 

頭の中を整理して、

『 自分で考える癖 』をつけること。

 

 

そうすれば、

『 自分で考えて 判断する力 』もつくし

 

 

何より、

『 自分で判断したことを 行動に移せる 』ようになるはずだ。

 

 

 

わたしは 約3年前から今に至るまで、

2本目のレールの上を走っている。

 

 

が、わたしは今、

そこから離脱することを考えている。

 

f:id:emmiii8:20160907000143j:image