読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レールの上の人生 【 自由な生活 】

 

 

 

「 大学、つまんない。」 

 

 

 

 

2年前の冬、

当時わたしは 大学2年生として 学校に通っていた。

 

 

大学は 渋谷にあったから、

比較的 『 遊ぶ環境 』は整っていたと思う。

 

 

苦しくて長い 大学受験を終えて、

 

その反動からか、

大学1年生の時は とにかく遊んだ。

 

 

今まで自分の足では行ったことのなかった、

渋谷 原宿 表参道 。

 

 

六本木や 麻布十番などなど、

夜になっても明るい街に、当時のわたしはワクワクしていた。

 

 

 

 

それもそのはずで、

 

わたしは一人っ子で、

両親はものすごく厳しかった。

 

 

中学3年生のとき、

 

友達とディズニーランドに行きたいと 話をした時も、

問答無用で 答えは 『 No 』。

 

 

帰りが17時を過ぎるため、

行かせるわけにはいかない とのことだった。

 

 

 

門限は厳しいし、

その上、1秒でも遅れれば 家のカギを開けてもらえない。(笑)

 

 

小学生の頃、

 

何度、たった2、3秒の遅刻で 家から閉め出され、

 

父親が仕事から帰ってくるまで

玄関の前で座り込んで待っていたことか。(笑)

 

 

おまけに、

同年代の友達は、小学生のうちから携帯を持っていたのにも関わらず、

 

わたしは高校に入るまで

携帯を持たせてもらえなかった。

 

 

他にも あげたらキリがないほど。

 

 

たくさん例はあるが、 

 

当時のわたしが一言で言うなれば、 

『 友達のお家とは、ちょっと違う 』家庭だったのだ。

 

 

そんな 『 まわりとは違って、かなり厳しい家 』で育てられたわたしは、

 

全くと言っていいほど、

友達と遊んだことがなかった。

 

 

小学生の時も、

毎日習い事ばかり ( 好きでやっていたものが多いが... ) だったし、

 

中高は部活 ( これも 好きでやっていたのだが... ) に明け暮れていた。

 

 

 

近所で友達と遊ぶことも あまりなかったし、

 

ましてや、

どこかに出かけることなんて ほとんど経験がなかった。

 

 

 

そんなわたしが、大学に入ったと同時に

『 自由 』を手に入れたのだ。

 

 

 

禁止されていたアルバイトも許可が下り、

 

自分で稼いだお金で、

洋服を買ったり 化粧品やアクセサリーを 大人買いしてみたり。

 

 

はたまた、夜の渋谷に繰り出して、

『 お酒と音楽を楽しむ 』などと格好つけて、

 

終電ギリギリまで

お酒片手に爆音のクラブミュージックで踊り狂ったり。

 

 

 

友達と、「 大学4年間は 遊び倒す!」と言っていたほど、

 

 

わたしは『 自由 』を、

目に見えないプレッシャーからの『 解放感 』を、

 

身体で感じ それを心地よく思っていた。

 

 

 

だが、いつからだろうか。

 

 

 

その『 自由な生活 』を、

楽しくない 退屈だ と感じ始めたのは。

 

 

そして、わたしは気づいた。

 

 

 

俗に言う『 趣味 』が、

1つもなかったのである。

 

 

 

つまり、夢中になれる事が何も無い状態。

 

 

見てみたい! 聞いてみたい! の

『 興味が湧くこと 』もない。 

 

 

もちろん、

 

『 将来の夢 』どころか

『 チャレンジしてみたいこと 』もない。

 

 

 

ジャンルは何にしろ、

 

こうなりたい!という『 憧れるイメージ像 』があれば

まだ救いようがあったのかもしれないが、

 

当時のわたしには、それすら なかったのだ。

 

 

 

そして、

その自分の置かれてる 絶望的な状態に 気づいてから、

 

わたしは 『 遊ぶためだけに利用していた学校 』が

つまらなく感じるようになっていった。

 

 

f:id:emmiii8:20160908234921j:image