読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レールの上の人生 ② 【 生きているのが苦しい 】

 

 

 

日本の大学は、

 

『 入学するのが大変で、卒業するのは簡単 』と言われている。

 

 

逆に 海外の大学は、

 

『 入学するのは簡単で、卒業するのが大変 』と言われている。

 

 

 

どちらが良くて、

どちらが悪いなどの話ではなく、

 

 

なぜ日本の大学生たちは、

 

『 せっかく 色々なことにチャレンジできる

大学4年間を、遊ぶことに費やしてしまうのか 』

ということである。

 

 

中には、海外の姉妹校に留学したり、

海外に一人旅したりと、

 

たくさんのことにチャレンジしている学生もいるが、

 

いったい 全体の何%の学生が、

 

『 夢 』や『 目標 』を持って

学校生活を送っていただろうか。

 

 

 

少なくとも 当時のわたしは、

『 夢 』や『 目標 』を持っていなかった。

 

 

それどころか、

何か没頭できる事すらなかったのである。

 

 

 

当時、中高 運動部に所属していたわたしは、 

休む暇もないくらいに

とにかく練習に打ち込んでいた。

 

 

毎日の 長い練習時間も、

意識が朦朧とする中 やり切り、

 

少しでも時間があれば、

家で 自主練習をしたり。

 

毎日の日課になっていた筋トレも 欠かさなかった。

 

 

『 他の誰かが 座り込んでいる時がチャンスだ。

練習は絶対に嘘をつかないぞ、人一倍練習しろ、努力しろ。』

 

 

顧問の先生にそう言われ、

何故か アホみたいに間に受けて(笑) 、

 

とにかく、とにかく練習した。

 

 

そうして、入部当時ビリだったわたしは、

 

約半年間で 1番手の『 エース 』と呼ばれる

ポジションを勝ち取ったのである。

 

 

『 強くなりたい、勝ちたい 』

その気持ちだけで、

どんなに苦しい状態でも 乗り越えられた。

 

 

今思い返すと、

ゾッとするような 練習メニューと 筋トレメニュー。

 

 

どうして、

途中で辞めるという選択肢がある中で、

最後までやり遂げることが出来たのか。

 

 

 

毎日感じる苦しさを、

『 充実している 』と捉えていたからである。

 

 

そして、この部活を通しての経験が、

今でも自分の自信となっている。

 

 

 

 

話を戻そう。(笑)

 

 

大学に入学してから1年間、

 

まわりの友達と同様に、遊ぶことしか してこなかったわたしは、

 

遊び飽きた時に、

自分がとても空っぽであることに気がついたのだ。

 

 

好きなことがない。

 

夢中になれるものがない。

 

 

『 せっかくの大学生活が、あまりに充実していない 』

ということを、悟った瞬間だった。

 

 

今までは 夢中になれるものがあったから、

 

それだけを見て、ただただ真っ直ぐ突っ走ってきた。

 

 

だが、その時はどうだろう。

 

 

比べてみると、

真逆の生活をしていたことに気づく。

 

 

それからというもの、

自分への失望感、両親への罪悪感、そして劣等感。

 

 

言葉では簡単に言い表せないほど、

わたしは絶望的な状態だった。

 

 

そして、

いざ夢中になれる事を探し始めたものの、

 

 

その暗中模索する気持ちが、

 

わたしを出口の見えない真っ暗なトンネルへと 追いやって行ったのである。

 

 

f:id:emmiii8:20160909221913j:image

 

もがいても もがいても、

出られない真っ暗なトンネル。 

 

 

出口に向かっているのか、

入口に戻っているのかさえも わからない。

 

 

いつしかわたしは、地面と にらめっこしながら歩くようになった。

 

 

心の中は、毎日が雨だった。

 

見るもの全てが、真っ黒に見えた。

 

 

何をしても、何を話しても 楽しくない。

 

ごはんが 美味しく感じない。

 

 

そして遂には、

生きていることすら楽しくないと感じるようになった。

 

 

毎日が苦痛で仕方なかった。

 

 

夜は、「 明日の朝 目覚めなければいいのに 」と思い、

 

朝、目が覚めると 「 どうして生きているんだろう 」と思った。

  

 

生きている意味が分からない、

生きているだけで苦しい、

 

そう思うようになっていった。

 

 

そんな日々が、約半年間続く...

長くて苦しい毎日の始まりである。  

 

f:id:emmiii8:20160909223120g:image