読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年 ⇒ 2017年。

 

 

 

 

 

 

新たな年になって

それをひとつの節目と考え、

 

人は 自分の中の邪悪なものを取り去り、

 新しいことを取り入れようとする。

 

 

 

 

ちょっと遡って、2016年のはじまり。

 

去年の出だしに 心の中にあった想いは、

 

「 もがき苦しみながらも

何事にも立ち向かっていかなければいけない 」

 

そんな、心のざわめき。

 

 

小石につまずいても 前を向き、

膝をついて転んでも 立ち上がり、

 

そして、

泥のぬかるみに足を取られ

顔から滑ったとしても、

 

決して 歩みを止めない。

 

 

失敗してもへこたれず、

途中でやめない。最後までやり通す。

 

そんな、どこか

どっしりと構えるような気持ちで迎えた

1年前。

 

 

 

ほんとうに、ほんっとうに、

いろんな事があった。

 

 

メンタルを 予後不良と思われるほど

ボロボロにされたことだってあったし、

 

言葉によって 深い傷を負ったこともあった。

 

 

ここまで

「 人を信用することが、実はとても怖いこと 」

だと感じたことも、今まで1度もなかった。

 

 

 

ただ、今思えば、

 

去年の1年間があったからこそ

『 人間として成長した 』のは、

言わずともわかる話。

 

 

今まで、

ある程度は「 自立している 」と思っていた自分の考えをも、

いい意味で 覆すことができた。

 

 

戦車のごとく、

“ 何もかもを、なぎ倒していくような勢いの

イメージ ” で過ごした 去年だったが、

 

2016年を 残り3ヶ月としたところで、

気づいたことがある。

 

 

“ 戦車でいること ” のメリット。

 

⇒ 何に対しても、立ち向かっていく。

失敗を恐れない。闘争心、勢いがある。 

 

 

デメリット。

 

なぎ倒してまでも、突き進む

= 自分のことしか考えていない???

 

 

こう、気づいてしまったのだ。

 

そして、メリット部分しか見ずに

突き進んだ結果、

 

目の前に表れた デメリット部分に

行く手をはばまれ、

尚かつ、 自分が 大きな痛手を負うことになった。

 

 

だから 2017年は、

 

『 やると思ったら、なんでもやる!

今すぐやる! 』

 

なんてイメージは捨てて、

 

 

『 それを “ 今 ” やるべきなのか、

それとも 手を出すのは “ 今 ” ではないのか 』

 

に着目したいと思う。

 

 

決して、

失敗を恐れて 立ち向かわないわけではない。

 

 

けど、筋肉マッチョな巨人に、

 

武器なし、且つ 素手で

わたしが戦いを挑んだところで、

結果は容易に想像できる ということだ。

 

 

「 やるのか やらないのか 」

という判断基準しかなかった、2016年。

 

 

 

2017年は、

「 やる 」という判断を下したときに

 

「 今やるべきなのか 今ではないのか 」

 

まで考えてから、行動に移すことにする。

 

 

2016年の

戦車のごとく、何にでも 体当たりしていった

自分がいたからこそ、

 

掴めたイメージだと思っているから、

決して無駄な1年ではなかった。

 

 

2016年 ありがとう!と言いながらも

 

2017年は もっと変わっていくよ!と、

 

後ろは振り返らずに、前だけを見ていたい。