読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しい道、誤っている道。

 

 



「 もし、あの頃のわたしに戻れたら。
こんな道は 絶対に選ばない。」


なんだか最近、よくこのお話を聞きます😌

すごく、ものすごく、その気持ちわかる。
わたしもそう思ったこと、何度もあるから。


生きてる上で、自分の進む道を
『 自分で決断 』する瞬間て、度々訪れるもの。


その当時わたしは、

自分の進んできた道を、
『 正しい 』か『 間違っているか 』の ⭕️❌でしか判断できなかった。

 


でも、
約3年間に渡る、自分のトゲトゲしていた時期を 振り返れるようになった今、
思うことがある。


今、どんな道に進んでいようとも、

【 自らが『 選び 』、

そして『 決断 』して進んだ道 】に、代わりはない

ということ。

 


すなわち、
今、わたしたちが生きている この環境は、

【 自らが、意志を持って『 切り開いた道 』である 】

ということ。


自分の進んできた道を
今、後悔 ” できている ” なら、

ぜひプラスに考えて欲しい。

だって「 後悔できている 」その状態は、
私たちだけが 与えられた特権なのだから。


全力で考え、
苦しみながらも、リスクと 真っ正面から向き合い、
戦いを挑んだ。


そして、その状況下でも、

自分の「 強い意志 」と「 勇気 」を持ち、
反対意見がある中でも 貫き通した。


そんな背景の中で、当時のわたしたちが
自ら『 選択 』し『 決断 』した上での、道。

わたしは、大事にしたい。

⭕️❌で判断したり、
無駄な道だったと 全面否定してしまうなんて、
なんてもったいないことだろう と思う。


少なくともわたしは、

「 自らの意志で 決断した道 」なら
最終的には、全てが 土台になると信じてる。

 


どんなに遠回りに なったとしても、
決して 無駄な時間は過ごしていないはず。


あの時の『 決断 』があったから、
今のわたしがいて。

次のステージに チャレンジするために、
また『 決断 』の時を迎えようとしている、
今のわたしもいる。

 

2016.11.22 のInstagram📸より。