読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素直に生きること ② 究極の選択

 

 

 

 

①の記事では、

 

22歳のわたしの、そのままの「 勢い 」みたいなものを言葉として表現しました。

 

 

 

 ②では、ちょっと違う視点から 書いてみようと思います😌😌

 

 

 

 

『 自分に 素直に生きる 』

 

 

これは、実を言うと

かなり難しいことだと 思っている。

 

 

あれ、昨日と丸っ切り違うこと言ってますけど?

って、ぜひ突っ込んでください。(笑)

 

 

 

 

自分に素直になって、

やりたいことをやりたいようにやる。

 

 

これは、言葉だと すごくシンプルなものに聞こえるし、

 

うんうん、やりなよ!

と簡単に言えるかもしれない。

 

 

でもよーく頭を使って考えてみると、

 

実は ハイリスクを背負わなきゃいけなかったり することに気づく。

 

 

 

わたしたちは 毎日生きていて、

仕事の上でも、プライベートの上でも、

それぞれの立場ってものがある。

 

 

 

せっかく幅広い年齢層の方に

読んでいただいているので、

 

わかりやすい例えを出してみる。

 

 ( これなら、10代の子もわかるかな😌 )

 

 

 

例えば、わたしの父親のお話。

 

 

わたしの父親は、

数年前に ある大きな決断を迫られた。

 

 

『 退職金が出るけど、リストラ 』

 

『 退職金が出ないけど、

定年退職するまで働き続けられる 』

 

 

究極だね...

 

 

 

その当時、わたしの父親は40代後半。

 

ある程度、社内では リーダーのような立場になっていて、

 

若い社員たちの失敗を、

「 こういう奴がいてさ〜 」なんて笑いながら

 

その話を つまみとして、ビールを飲んでいるような

 

極々 普通のサラリーマン。

 

 

そんな彼が、

あるとき突然、究極の選択を余儀なくされたのだ。

 

 

これには相当 悩んでいた。

 

 

彼のまわりの同期たち、年齢の近い 先輩や後輩たちは、

リストラ予定のメンバーとして リストアップされ、

 

そのまま 会社を去って行った。

 

 

 

それぞれが、それぞれの立場を考慮した上での

決断だろう。

 

 

では、わたしの父親はどうしたか。

 

 

会社に残ることを決断した。

 

 

退職金が出ない上に、

お給料が減らされ、ボーナスをカットされることを知りながら、

 

働き続けることを決断したのだ。

 

 

 

あれから数年経って、

わたしたち家族が 新しい生活にも慣れてきた現在、

 

父親に 恐る恐る聞いてみた。

 

 

なぜあの時、同期たちと同じ決断をしなかったのか。

 

 

父親の答えは こうだ。

 

 

父親であり 夫である存在は、ドンと腰を据えていることで、

家族に安心を与えることもある。

 

お母さんが 専業主婦で、

お前が あと数年学生でいるこの生活は変わらないんだから。

 

まあ、独り身だったら とっくに辞めてたけどな〜!(笑)

 

家族がいると、守るものがあると、

時には肩書きが 安心感を与えるときもあるんだよ。

 

 数字だけ追いかけて 損得を考えていると、

大事なものを失ってしまう時もあるからな〜。

 

この決断は、お金じゃないんだよ。

オレが 1番大事なものを守るための、決断なんだよ。」

 

 

と。

 

 

 

この言葉の ひとつひとつに、

 

父親として 夫として、何より男としての

「 責任感 」たるものが詰まっているような気がした。

 

 

そしてわたしが感じたのは、

 

『 自分の気持ちに素直になる 』って、

 

必ずしも 自分のことだけを考えているわけではないということ。

 

 

それぞれの立場、

立場ゆえの守らなきゃいけないもの、

 

100人いれば、きっと100通りの

守らなきゃいけないものだったり、大事なものがある。

 

 

そんな大切なことに気づかされた。

 

 

 

でも、これだけは間違えちゃいけない。

 

 

自分のことであれ、家族のことであれ、

 

決断している人は、

必ず『 自分の気持ちに素直になっている 』ということ。

 

 

数字だけ追いかけて

目の前の損得だけしか見えていない人は、

 

『 自分の気持ちに素直になっている 』とは言えない。

 

その証拠に、リスクを負うことを恐れている。

 

 

時には、

「 リスクを負わないこと 」それ自体が、

のちのち リスクに繋がったりすることを、

 

わたしたちは、忘れてはいけないと思う。

 

 

 

最後に。

 

お世話になっている方が、

こんなステキなメッセージを送ってくださった。

 

「 悩んだり、苦しんだりしても、

素直になってみると 意外と上手くいくって

再確認できる人は 強いですよ ^ ^ 」

 

 

 

今日も、それぞれの立場の人が

それぞれhappyで過ごせますように🌼(*^^*)