読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花束。

 



 

草花を 幾本も束ねたもの、

 

それが 花束。

 

 

 f:id:emmiii8:20170225000418j:image

 


それぞれのお花が、

一体感を崩さない ギリギリのラインで

個々に主張し合っているのが

 

わたしから見た 最大の魅力。

 

 

きっと、

1本1本それぞれを単体で見ても

 

「 あ、キレイなお花... 」
程度にしか、わたしたちって思わなくて。

 

束になるからこそ、

 

まとまりや、そこに生まれる協調性ならぬものが

奥行きや 立体感などの フォルムから 露わになり、

 

それに対して わたしたちは

心踊るような 感情を抱く。

 

花束を見ていると、

 

似たようなイメージを 持ち合わせた者同士が

一緒になるからこそ、


そこから放たれるパワーが生まれるような、

そんな気がする。

 

 

その中には、もちろん

大きく主張してくるお花もいれば、

脇役に定するお花もいて。

 

そして 普段は気づいてもらえないような草も、

主役を引き立てる役として

しっかりと重責を担う。

 

 でも それぞれが 殺し合うことなく、
どこか調和しているような気さえする。

 

 

f:id:emmiii8:20170225001058j:image

 

不思議なんだけど、花束って

こう、ちゃんと見ると

見る方向によって、

丸っきり異なった表情をする。

 

静かに優しく微笑みかける反面、

 

短い命を 悟っているかのように

どこか 悲しく目を細める。

 

 

自らの最期を理解し、受け入れているものほど

 

「 今 」を 最大限 美しく生きようとする。

 

 

花って、なんてステキなんだろう。